土地の名義変更と相続登記

by ,

両親が亡くなって土地の名義変更をする際に、相続登記の手続きが必要となります。

相続登記は被相続人が所有していた建物や不動産以外のもの、たとえば預貯金や国債、株式などの債券、あるいは美術品や骨董品は相続しても相続登記の必要はありません。

土地の名義変更はいつまでに、という期限は特に設けられていません。

不動産を相続しても、相続登記を完了していないと、自分が不動産を相続したことになりません。

従って当然、土地や不動産を売却したいと思った時にはそれができないということになります。

また、融資の必要が出た時に、不動産を所有していればそれを担保に好条件で借り入れができるというメリットもあります。

また、法定相続人が複数人いる場合、他の相続人が勝手に売却したり担保にして借り入れなどをされる、という可能性もあるわけです。

特に法定相続人が複数いる場合は、きちんと話し合いを行い相続登記をしておくのがいいですね。