土地の名義変更に必要な書類

by ,

相続による土地の名義変更には、必要な書類がいくつかあります。

土地の名義変更する対象となる不動産の登記事項証明書(登記簿謄本)が必要となります。

これは法務局で取得することができます。

対象物件の固定資産評価証明書も必要です。

亡くなった人の死亡時から出生時にさかのぼる戸籍謄本、除籍謄本、改製原戸籍 、住民票の除票も必要となります。

これは本籍地を管轄する市区町村役所で取得できます。

相続人全員の現在の戸籍謄本と物件を取得する相続人の住民票も必要となり、被相続人との関係が証明できるものが必要となります。

相続人が複数ある場合、遺産分割協議書が必要となります。

これは申請者ご自身または司法書士の方に依頼して作成してもらいます。

被相続人の相続につき、どの財産をどの相続人が相続するかを定め、 日付と相続人全員の記名と実印の押印が必要です。

相続人が1人しかいない場合は不要です。